国からお金を借りるには

失業や入院などで、急な出費が発生するのはよくあることです。そのときに備えて貯金している場合は問題ないのですが、そんな余裕もない人は少なくはないでしょう。そこで、銀行や消費者金融などからお金を借りるという選択をするわけですが、意外と知られていないのが国からお金を借りられることです。では、国からお金を借りる主な方法と、銀行や消費者金融などと比べてどのようなメリットがあるのかなどを見ていきましょう。
国からお金を借りる方法としてよく用いられるのが、総合支援資金貸付制度や緊急小口資金貸付制度、また国からの教育ローンもよく利用されます。総合支援資金貸付制度は、失業中でかつ次の就職先をしっかりと探している場合に利用できるもので、主に生活費の支援として借りることができます。緊急小口資金貸付制度は、たとえば給料を紛失したり盗難に遭ったりした場合に、生活に必要最低限な少額の資金を借りることができるものです。教育ローンは銀行や消費者金融などと同じく、経済的な理由から子供に十分な教育を受けさせることができないと判断される場合に、教育資金としてお金を借りることができるものです。
メリットとしては、まず銀行や消費者金融に比べて金利が低く、また固定金利が基本であるため、金利が変わっても返済額が変わらないので安心できます。また、銀行や消費者金融と違って、国は全世帯を対象にしているので、誰でも安心して借りることが出来るという点もメリットのひとつでしょう。
【最短】今すぐお金を借りる方法|職種別!一番ベストな借り方とは?はこちら