カードローン申込みのときの必要書類

カードローン 口コミ

カードローンを申し込む際の必要書類には、どういったものがあるのでしょうか?

金融機関などのカードローン申し込みの際の必要書類は、本人確認書類と書かれていることが多いですね。本人確認書類とは、自動車運転免許証や健康保険証、パスポートなどのことです。外国人の方であれば、外国人登録証になります。カードローンの種類によっては、健康保険に加入していることという条件を規定しているところもあります。そういったところですと、運転免許証やパスポートに加えて健康保険証も必要になります。

窓口でカードローンを申し込む時は、原本を持っていったほうがよいでしょう。郵送などで契約する場合は、もちろんコピーを同封することになります。

その他の必要書類として上げられるのは、収入証明書になります。カードローンの限度額によっては、収入証明書の提出を求められない場合もあります。前年度の税込み年収がいくら以上と借り入れ条件に決められているところもありますので、収入が分かる書類を用意しておきましょう。収入証明書には、給与明細書、源泉徴収票、税額通知書、納税証明書、所得証明書、確定申告書などがあります。

専業主婦の方が、銀行系のカードローンを申し込む時には配偶者の同意書と収入証明書が必要な場合もあります。

では、カードローンはたいてい、無担保、保証人なしで申し込みができるようになっています。ですから、借り入れする本人の身分をきちんと証明する書類は必須となるわけです。